口臭の原因の90%以上は○○である!

口臭の原因にはドライマウス・食べかすの残り・病気など様々な理由がありますが、
実は90%以上はある一つの物が原因になっています。

 

 

それはVSC(揮発性硫黄化合物)です。

 

 

VSCは揮発性の硫黄ガスでいくつか種類があるのですが、
その中の硫化水素メチルメルカプタンと言う化合物が口臭の主な原因になっています。

 

硫化水素とメチルメルカプタンは悪臭物質として有名で、
硫化水素は腐った卵のような臭い、メチルメルカプタンは腐った玉ねぎのような臭いと言われます。

 

口臭はこれらのガスが混ざり合って、不快で嫌な臭いになります。

 

VSC(揮発性硫黄化合物)はなぜ発生するのか?

VSC(揮発性硫黄化合物)は口の中にいる嫌気性菌と言う細菌が、
食事の食べかすや死んだ細菌、粘膜上皮、血球成分、その他の舌の汚れなどに含まれる、
たんぱく質成分を分解することで発生します。

 

さらに口の中が乾燥すると嫌気性菌が増え、より一層口臭がキツくなります。
年齢を重ねると唾液量が減るので、口が乾燥しやすく、口臭が発生しやすいため、
若い人よりも年配の人の方が口臭がキツイ傾向があります。

 

寝てる間に口の中が乾燥して、朝起きると口の中が気持ち悪いのはこのことが関係しています。
寝起き直後の口の中は細菌が大量に発生していて、トイレの便器よりも汚いと良く聞きますよね。

 

口臭を無くすには?

口臭の90%以上はVSC(揮発性硫黄化合物)が原因と言うことは、
VSC(揮発性硫黄化合物)をなるべく発生させないようにする事が出来れば、
高い確率で口臭は改善されると言う事になります。

 

ではVSC(揮発性硫黄化合物)の発生を抑えるにはどうするのか?
それは嫌気性菌がたんぱく質を分解しないように働きを抑える事です。

 

そして手軽に嫌気性菌の働きを抑える事が出来るのが、オーラルデントを食べることです。

 

オーラルデントには特許成分のオーラバリアが配合されており、
嫌気性菌の働きを抑え、口臭の元となる揮発性硫黄化合物を作らせません。
そうする事で口臭の元から経つので根本的な解決が出来ます。

 

オーラルケアグッズで息をミントやバラの香りにする商品もありますが、
あれは強い香りでニオイを誤魔化しているだけで、解決にはなりません。
あくまで臭い物をより臭い物で蓋をしているだけです。

 

ニオイが混ざり合って余計臭くなる事もありますし、持続時間も15分前後と短いです。

 

口臭を本気で解決したいなら、オーラルデントを一度試してみる価値はあります。
しかも今なら送料込で950円で購入出来ます^^

 

 

▼こちらから送料込み950円で購入しました▼